HIROBIRO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIROBIRO

金銭的、精神的自由を目指すブログ。

SMAP解散報道でCDやDVDがバカ売れしている件

転売

f:id:hirokun1735:20160114234822j:plain

 

 

SMAPが解散する日が来るとは夢にも思っていませんでしたね。

このニュースが流れてからまだ一日しか経っていませんが、Amazonなど様々な店でCDやDVDがバカ売れしています。

 CD,DVDの価格やランキングの推移

まず紹介するのは京セラドームで行われた最新コンサートツアーのDVDです。

「Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR"」

 

f:id:hirokun1735:20160114221556j:plain

 

 

アマゾンの在庫はずっと品切れが続いていますが、マーケットプレイスでは購入可能です。 

もちろんかなり値上がりしています。

アマゾンの商品の価格やランキングの推移は「モノレート」というサイトで確認できます。

 

f:id:hirokun1735:20160114223004j:plain

 

上の画像は過去三か月のデータです。

上から最安値、出品者数、ランキングとなっています。

右端の方で価格が急上昇していますね。

もう少し拡大してみます。

 

f:id:hirokun1735:20160114223047j:plain

 

緑が新品、オレンジが中古の商品です。

中古に関して見てみますと、現在(14日22時)は7500円程度ですが、価格は最高で12000円近くまで上がっています。

普段の相場は5000円程度なので普段の1.5倍~2.4倍まで価格が上がっています。

またランキングも普段は2000位程度だったのが、今では20位以内に入っています。

 

 

CDも同様の傾向です。

こちらは2001年に発売されたベストアルバムです。

「Smap Vest」

 

f:id:hirokun1735:20160114223328j:plain

 

こちらも当然アマゾンでは在庫切れの状態です。

それではモノレートで相場がどれだけ上がっているか見てみましょう。

 

 

f:id:hirokun1735:20160114223901j:plain

 

こちらも新品、中古ともに価格が上昇しています。

普段の相場と現在までの最高値を比較しますと、

  • 新品:3200円 ⇒ 5630円
  • 中古:500円 ⇒ 2980円

まで上昇しています。

またランキングは普段1000位程度だったのが、現在では6位まで上がっています。

 

解散が発表された日の価格の推移

SMAPが解散すると報道されたのは1月13日の朝です。

ここからどのように相場が上がっていったのでしょうか。

上で紹介したアルバムCD「Smap Vest」を例に説明します。

 

f:id:hirokun1735:20160114231857j:plain

 

上のグラフは解散が報道された13日におけるCDの価格の推移です。

ポイントとなるところに番号を振ってあります。

 

①⇒7時から9時の間に価格が急上昇しています。

  朝のテレビニュースで多くの人が解散を知り、購入したのでしょう。

  当然転売目的の人も購入しているはずです。

 

②⇒11時頃に一度落ち着きますが、15時まで価格は上昇しています。

  15時に上昇はストップしています。

  前日は50人近くいた出品者が15時には5人にまで減りました。

 

③⇒5人にまで減った出品者がここから少しずつ増えます。

  需要と供給のバランスが取れ、価格は安定しているようです。

  ですが14日の午後になるとまた価格は上昇します。

  14日23時現在は2500円を突破しました。

 

 

多くの人が起き出す7時以前に購入できればベストでしたね。

それが無理でも、遅くとも午前中には購入したいです。

今回の解散のニュースはインパクトが大きいため、この後も高い相場が続きそうです。

ファンによるCD購買運動も起こっているらしいですからね。

 

 

まとめ

今回のように歌手の解散や引退のニュースが流れると、その歌手のCDやDVDの価格が急騰することはよくあります。

少し前にはチャゲアスのASKAが覚醒剤所持で逮捕されましたが、そのときもCDなどがよく売れていました。

ニュースを見たときにすぐCDを買おうと思いつくかどうかがポイントですね。

 

 

 

 

当ブログでは読者の方を絶賛募集中です。

もしあなたがブログを書いている場合は、私もあなたの読者になります。

ブログの内容に興味を持った方、また読みたいと感じてくれた方は下のボタンのクリックをお願いいたします。